アルゴリズムが世界を支配する

Kindle 書籍情報

出版社
角川書店
最大 No
5086

感想

現在は、様座ざまな場面でコンピュータが使われている。つまりソフトウェアが働き、当然その内部ではアルゴリズムの組み合わせであり、最近では将棋や囲碁で一般の人にも知られるようになった AI も登場している。

本書では、そういったアルゴリムや AI がもたらす世界、危惧される点も含めて述べている。

しかし気になる点が有り、それは

アルゴリズムは、通常はプログラムされた通りに行動する。おとなしく株の取引をしたり、Amazon.com では需要と供給に見合った本の値付けをしたりしている。しかしいったん人間の目が行き届かなくなると、アルゴリズムは不思議な行動をとってしまうことがある。私たちが世の中の多くの物事をアルゴリズムの管理下に置けば置くほど、何かが起きたときにその原因が誰なのか、何なのか、突きとめることは難しくなる。この現実はじわじわと私たちの住む世界を侵食し、ついにフラッシュ・クラッシュという形で爆発したのだ。

アルゴリズムは、このフラッシュ・クラッシュという事件をきっかけにメディアに取り上げられるようになったが、その後も忘れられることはなかった。それどころか、ありとあらゆるトピックに関連して登場するようになった──デート、ショッピング、エンターテインメント、医療など。フラッシュ・クラッシュは、アルゴリズムがすべてを支配するという、来るべき巨大な潮流への前兆でしかなかったのだ。

100

アルゴリズムは自分で進化することができる。彼らは観察し、実験し、そして学ぶことができるのだ──彼らを作った人間とはまったく関係のないところで。機械の学習能力やニューラル・ネットワーキングといった先進的なコンピュータ・サイエンスのテクニックを駆使すれば、アルゴリズムは観察結果をもとに、より改善されたアルゴリズムを新たに作り出すことすらできる。

146

というように、アルゴリズムと AI を区別せずに使っている点だ。

他分野に興味を抱いた腕の良いプログラマーがその分野の専門知識を得て、みずからのコンピュータ技術やプログラミング技能を使って人間のやり方を模倣する。そのアルゴリズムが産業や企業を転覆させ、昔ながらのスタンダードを崩壊させる。人間を模倣し、徐々に人間に取って代わっていくようなアルゴリズムを作り出せる能力が、これからの百年を支配するためのスキルだ。この能力を持つ人が増えれば増えるほど、仕事はなくなり、人生は今までとは異なるものになり、産業は生まれ変わることを余儀なくされるだろう。これはすでに起きはじめていることであり、これからも続いていくだろう。

425

機械が主導権を握ってしまうと、マーケットに何が起こるかは誰も分からなくなる。2010 年 5 月 6 日に 1 兆ドルが吹き飛んだ事件は、その典型的な例だといえる。そして同じようなことはその後も起きている。あの事件から 4 ヵ月後、ノースカロライナの電力会社プログレス・エナジーの株が、特段の理由なしに突然 90% も下落した。また 5 月 6 日には極端な乱高下をこうむったアップル株が、その数ヵ月後にふたたび理由なく 6% も下落し、150 億ドル分の時価総額を失ったのち、もとに戻った。トレーダーのためのアルゴリズムを書いたことがあり、システムが支配する最近のマーケットを研究しているペンシルバニア大学のマイケル・カーンズ教授は、アルゴリズムに全面的な主導権を与えることがどんな結果をもたらすのか、今の時点ではまったく分かっていないと述べている。

1113

もちろん、アルゴリズムの登場によって良くなったこともたくさんある。一般人が自宅キッチンのテーブルに座ってノートパソコンから 7 ドルの株取引ができるようになったのはアルゴリズムのおかげだ。人間に対して売買注文を入れなければならなかった時代から、取引所のコンピュータ・サーバーやアルゴリズムを使えるようになったことで、取引コストは大幅に削減された。

1131

アルゴリズムは、検討したいこと、あるいはコントロールしたいことの要素がはっきりと分かっている場合にのみうまく稼働する。

1368

ガウスでさえ、200 年前に正規分布を発見した際に、正規分布にも大規模な誤差が生じ得ると警告している

1416

流石天才ガウス。

エミーに対する多くの否定的な態度は、コープをじわじわと苦しめた。人は聴きたいと思うものしか聴こうとはしないのだ、とコープは思った。コンピュータ・アルゴリズムが作曲した音楽を、そうと知って聴いているときには、人はその音楽で心を動かされたりはするまい、と考える。そして、上手に作られた曲ではあるけれど、かすかな魂のような目に見えない何かが欠けている、と言うのだ。ところが、同じ曲をコープが演奏し、パソコンのプロセッサチップから生まれた曲だと伝えなければ、聴衆は大いに喜び、いかに深く感動したかを語る場合が多い。

2122

通常、崩壊はテクノロジーによってもたらされるが、アルゴリズムによる曲が中心となるはずのポップチャートの場合には、今までとはまったく異なるものを生み出すインディーズ系アーティストがボットの弱みとなりそうだ。たとえば、過去の作品に基づいて作曲するだけのアルゴリズムは、新たな音楽ジャンルをもたらしたニルヴァーナの 2 番目のアルバム、『ネヴァーマインド』のような曲を作ることはできただろうか? あるいは、アンドレ・3000 による、アウトキャストの「ヘイ・ヤ!」を挙げても良い。2003 年に発表されたこの曲は、これまでに聴いてきたような曲とはまったく違う。過去に流行した曲を利用するアルゴリズムに、こんな曲が作るとは思えない。ほぼ不可能だろう。

2215

反面、ハーバード大学医学部教授で『ニューヨーカー』誌のライターでもあるジェローム・グループマンのように、アルゴリズム医療に異を唱える人もいる。グループマンは、アルゴリズムや科学的根拠に基づく医療に頼ることは危険だと言う。アルゴリズムが示す診断結果は人間の医師の診察に影響をおよぼし、人間が難病を診断する能力が鈍ってしまうからだ。

3322

アン・ダッジは、何を食べても吐き出してしまうという、明らかに難治性の病の症例を示し、何十人もの (柔軟な診断能力を持っているはずの)医師にかかったにもかかわらず、正しい診断を下した医師はいなかった。地獄のような 15 年間を過ごした末、ようやく一人の洞察力に優れた胃腸科の専門医によって苦しみから救われた。それまでのダッジは拒食症や過食症と診断され、体重が 37 kg まで落ちた際には、体重を増やすために穀物と炭水化物を摂取するように言われた。そしてこのアドバイスに従ったダッジは、死ぬような思いをすることになった。最終的に彼女を救った胃腸科の専門医マイロン・ファルチャックは、ダッジの病気は、腸が小麦の主なタンパク質成分であるグルテンを消化できないセリアック病であるという正確な診断を下した。

3328


ウェブ サイト内
RSS 配信