コーランには本当は何が書かれていたか?

Kindle 書籍情報

出版社
文藝春秋
最大 No
6846

感想

余り熱心でないというか、殆ど宗教心のないけれど、形式上はユダヤ教である著者が、厳密な意味でのイスラム原理主義者であり、正規のイスラム教育を受け、他の信者から見ればイスラム指導者と見られるアクラムに、「イスラム最高にして最大の聖典コーランにはどのようなことが書かれているのか?」「その内容はどのように解釈されるのか?」が書かれた本。

ここで「イスラム原理主義者」と書いたがこれは良い意味である。

  • コーランに書かれている言葉がアラビア語で本来はどのような意味か?
  • イスラム教成立時期において、どのような状況で説かれ、どのように捉えるべきなのか?

で考え、イスラム教が各地に広まっていく過程で、土着の風習と結びつき、現在ではイスラム的と考えられていること分けていて非常に面白い。

「よいマドラサに行く人たちでも、必ずしもコーランを知らないし、知らなければならないということもありません」と、ズボンからスコーンのくずをせっせと払い落としながら、アクラムは言った。「じっさい、コーランはマドラサのカリキュラムの中で一番弱い部分であることが多いんです」

455

「いやいや。労力も授業時間も、法学やハディースのほうにずっとかけていますよ」

461

本書の最初の方に有るが、これは驚きの指摘。キリスト教で言えば、聖書読まずに何度か開かれた公会議の議事録に集中しているようなものだから。

まあ、日本を始めとする大乗仏教も初期経典よりも根本分裂以後に成立した経典の解釈・研究に重点を置いているので似たようなものかも知れないけど。

632 年の預言者ムハンマドの死後、4 つの法学派が興って、正しい礼拝の姿勢から信者がロブスターを食べてよいか否かにいたる諸問題に関して異なる見解を展開した。フィクフを作った中世の学者たちは、しばしば、コーランよりはるかに保守的で、預言者ムハンマドよりはるかに懲罰的であった。

466

フィクフに一貫して流れる女嫌いは、単に学者たちの中世的な道徳観の問題ではなく、ギリシャの哲学者の影響でもあるとアクラムは言った。女性の服従は「自然」であると同時に「社会的要請」でもあると考えるアリストテレスが、中世の主要な思想家に影響を与え、それらの人々が中世のフィクフを作り上げたのだと彼は言った。アリストテレスが中心的なテキストとなる前、そして中世の学者たちがジェンダーの役割についての見解をイスラム法に記す前は、イスラムにおいて男と女ははるかに平等な自由を享受していた。彼は空中に山と谷の曲線を描いて、セクシズムの盛衰の歴史を示した。

頭の上でクリスマス聖歌『世の人忘るな』が最高潮を迎えていた。「では、なぜ人々は法学派にこだわっているの?」。私は尋ねた。「単にコーランに還ればいいじゃない?」

破顔一笑。「誰だって楽なほうがいいですからね」。学者に聞いて彼の説く規則に従うほうが安全だし簡単なのだとアクラムは言った。「何かを読んだり、問いを立てたり、考えたりする必要はないんです。代わりに考えてくれる人たちがいるんだから。いろいろ考えるようになったら面倒くさいことになりますよ」。

471

欧米によるイスラム教への攻撃の多くの部分はここだから皮肉なものだ。

アクラムは続けた。「つまり、コーランは啓示された順序で書かれているわけではないのです。ムハンマドが最初に受け取った啓示は、かなり後ろのほう、第 96 章に出てきます」

505

「そうです。コーランは自らを本と称しています。それは預言者ムハンマドに下された本です。それは、人々にとって必要なものを彼らが必要としたときに明らかにしたものなのです」。しかし、それは通常の本ではないので、必ずしも他の本のように理解できるものではない、とアクラムは続けた。

514

全く知らなかった。聖典の中でもかなり異質だね。

預言者ムハンマドの時代、女性はモスクで男性に混じって自由に祈っていた。しかし多くの文化では、次第に女性をモスクから締め出すようになった。最初学者たちは「家庭や子供から離れることができない場合、女性はモスクでの礼拝に出席する必要はない」というふうに合意したのだったが、数世紀を経るうちに、それは「女性はモスクに入ってはならない」という文化的規範に変わってしまった。イスラム世界各地で、女性たちはモスクに行くのをやめた。あるいは、やめさせられた。

640

こういった解釈変更は多くの宗教であるんだよね。

慈悲あまねく慈悲深きアッラーの御名において称賛はアッラーに帰す、諸世界の主に 慈悲あまねく慈悲深き御方、 裁きの日の主宰者に。 あなたにこそわれらは仕え、あなたにこそ助けを求める。 われらを真っすぐな道に導き給え。 あなたが恩寵を垂れ給うた者たち、 御怒りを被らず、迷ってもいない者たちの道に。 (コーラン第 1 章 1~7 節)

697

「あなたにこそわれらは仕え」という句は「われらはあなただけを礼拝する」とも訳される。この句の意味するところは、アラビア半島のアラブ諸部族の古き多神崇拝を唯一の神の信仰に置き換え、個人個人を部族から放ってひとつの信仰共同体にまとめるということである。

702

イスラム教徒は神にしか服従しない

しかし、この言葉は一神教を宣言しているだけではなかった。章句の意味ははるかにラジカルである。この短い句の中に、創造主が与えた人間の尊厳という思想が組み込まれているのだ。「『われらはあなただけを礼拝する』とありますね。これは、人はいかなる天使も資産家も権力者も礼拝してはならない、という意味です」。アクラムは説明した。「イスラム教徒は神にしか服従しないのです」

709

イスラムの厳格さをよく表している。これを踏まえて

この章句は、妻を支配する夫や、国民を拷問する大統領に対するソフトな武器だった。神が中心の世界では、何人も、他人を支配する権利を持たない。創造主の前にすべての人は平等だからだ。コーランは人間に、同胞に対する生来の尊厳を付与したのだ。

715

と解釈すべきなのね。

イスラム教は、物差しのあれこれの位置にプロットできるようなものではありません。イスラム教徒の中には、厳格な直解主義の伝統に属しつつ、大いに女権を擁護する人たちがいます。また、たいへん神秘主義的で、同時に政治的な人たちもいます。要するに、どんな組み合わせもあり得るのです。だから、キリスト教を無条件の土台にした概念を当てはめようとすれば、絶対失敗します」。

1083

「イスラム教は、家の外では女性が全身をゆったりとした衣服で覆うことを求めています」とアクラムは言う。「でも顔を覆うニカーブは後世のものです。預言者の時代からのものではありません」

2049

アクラムは自動車を運転する。専門的に見ると、彼は運転してはいけない。もちろん車はハラームではない。だが、自動車保険がハラームなのである。ほとんどのシャリーア解釈は、保険を将来を賭ける賭博と見なし、これを禁じている。だが、イギリスの法律はドライバーの保険加入を義務づけている。それゆえ彼のファトワーはこうなる。イギリスのイスラム教徒は、保険金を受け取ってよい。受け取っても善きイスラム教徒である。タクワーの円環さえ守っていれば、保険のような問題をめぐる必然的妥協のたぐいは、たいした問題ではない。

敬虔さの見せびらかしに対して、アクラムはそれほど寛容ではない。シャリーアなど生活上の厳格な規制が、物事の本質に根差さず、単なる宗教的帳尻合わせにすぎないということが、あまりにも多すぎる。リバー (利子) を避けるとの鳴り物入りで拵え上げたイスラム金融のシステムなど、神への敬虔を実践したものとは言い難い。あれはむしろ法の抜け穴探しのたぐいである。ニカーブ (目以外を覆うベール) をかぶりながら、隣人に冷たく振る舞う女性なども、勘違いしている。そうした人は、真の信仰は正しい服装から来るのではなく、神への服従から来るという、イスラムの教えのポイントを外しているのだ。イスラム教徒としてのアイデンティティを仰々しく宣言するのではなく、心を浄めること、これが決定的に大事なことなのである。

2471

自らが浄くあることから離れていくとき、宗教の外形がアイデンティティとなるのです」

2465

「預言者ムハンマドは、女性と男性の扱いを変えるような人が好きではない」。ムハンマドは息子を膝のうえに座らせ、娘を地面に座らせた男を厳しく叱責したという。

2517

イスラム教は強制的な結婚を認めていない。

2575

悪い意味での原理主義者は、こういった意見に対してなんと応えるのだろう? 特に過激派の殆どはアラビア語の読み書きすら出来何にも関わらず。

アクラムが発見した女性学者たちは、単に数が多かっただけではない。彼女たちは学者としても優れていた。史料に埋もれていた女性たちは、さまざまな伝承に通じた、ハディースの優れた権威だった、と彼は強調する。「イスラム学の全史を通じて、ハディースの捏造や間違った伝承を非難された女性はひとりもいないんです」

私は笑った。「それはないでしょう! 男性より女性のほうが道徳的に優れていると信じたいとは思うけれど、それは信じられないわ」 「いえいえ、実際そうなんです!」 「どうしてそうなるわけ?」 「女性の学者はハディースをでっち上げる必要がなかったんですよ」とアクラムは言った。「彼女たちはハディースで生活費を稼いでいたわけじゃなかった。有名になりたくてやっていたのでもなかった。ハディース学をやったのは、単に学びたかったからなのです」

パルダのおかげで彼女たちの学問が純粋なものになった、とアクラムは言う。女性にとって学問とは精神的な理由で行なうものであって、職業的キャリアではなかったのだ。

2989

17 世紀以降、イスラム諸国の間にヨーロッパ人による植民地支配が広まるにつれて、女性の学問は衰退した。アクラムによれば、衰退した理由の 1 つは、イスラム教徒が全般的に知的自信を失ったことである。マドラサの制度が衰え、家父長的な慣習がその空隙を埋めた。

3005

歴史の皮肉だ。

列車から降りた客が続々と街へ、構内の食堂やチェーン店へと流れて行く。若者は黙ってやりすごす。そして隅っこのアーチの下に行き、おもむろに旅行かばんを開けてマットを取り出し、礼拝を始めた。群衆が脇を通り過ぎる。現金自動預払機の騒音がする。カフェではグラスががちゃがちゃ言っている。彼はマットの上で祈りながら、別天地の平和を得ている。

キングズクロス駅でこの若者を見ていて、私は気づいた。アクラムはこのようにしてラクナウを、そして今はイングランドを自分の故郷としてきたのだ。祈りは故郷であり、家である。実際の故国からいかに離れていようと、そうなのだ。日に 5 回、自分自身の起源に還る──。たとえ世界のどこにいるのであろうとも。

2508

確かにこれは、無宗教を名乗る人が多い日本人の多くにも羨ましい精神世界だろう。

印象的な箇所

男の伝統だと思っているものについて男が自信を持てないでいるとき、しばしば女性が被害にあう。あるとき、アクラムの友人が妻を連れてイングランドを旅行した。夫妻は礼拝の時間がきたので地域のモスクに出向いた。だが、モスクのイマームは「女性はモスクで礼拝してはならぬ」と言った。自宅を遠く離れているというのに、妻に居場所は与えられないのだった。結局、礼拝の場を提供してくれたのは、ヒンドゥー教徒の商人だった。「その人は店を開けて、礼拝できるよう、場所を貸してくれたのです」。アクラムはそのヒンドゥー教徒の行為に満足げであった。

3017

非常に多くの非イスラム教徒が、イスラム教を、融通のきかない規則の問題、ファトワーの拘束力や容赦ない禁止の問題と見ているというのは、なんとも皮肉なことだ。イスラム教の知的枠組の広さは、アクラムとの講読の 1 年、繰り返し私を驚かせたのだ。イスラム教に本質的に具わるそうした柔軟性は、善にも悪にも利用され得る。イスラム法が人道的であるためには、それを解釈するイスラム教徒が人道的でなければならない。

3482

慎みは敬虔それ自体と同様、内面から現れるものであって、上から押し付けることのできるものではない。「法が人を敬虔にすることはありません」と彼は考える。「すでに敬虔さがあるときに、法がそれを保護するのです」。政府は法制度によって市民を服従させることはできない。イランとサウジアラビアはこのことを例証した。イスラム法のシャリーアを押し付けてみたところで、よきイスラム教徒は生まれないが、これと同様に、ヒジャーブの強要が自動的に慎みを生むなどということもない。神を畏れること、真の意味で神に帰順することなしには──とアクラムは言う──イスラム式アイデンティティをいくら見せつけても、それはアイデンティティの見せびらかしでしかない。それは信仰とは関係がない。「信仰なくしてシャリーアに従う人間もいるでしょう。信仰があってベールをつけない者もいるでしょう」と彼は言う。

3585

私はパキスタン人の同僚であるイフティハルが礼拝をしている最中に間違って入室してしまったことがある。はっと思った私は、回れ右をして扉を閉めた。あとで謝罪すると、彼は何でもないと言った。「そこなんだなあ、我々の違いというのは」。彼は快活に手を振った。「あなたたち西洋人は公の場でいちゃいちゃして、お祈りはこっそりやる。我々イスラム教徒はまったく逆なんだよね」

3704

欲望ゆえに誰かと結婚するとします。欲望はやがて後退します。お腹がすいて、ごはんを食べて、そのあともう食べたくなくなるというのと同じです。本来、欲望は減退するものなのです。しかし、愛は本来、成長するものです」

3729

イスラムは性を人生の一部としてドライに受け入れている。初期のイスラム文献は、結婚したカップルである限り、そして男女間のものである限り、性を善きものとしていた。「おまえたちの妻はおまえたちの畑である」とコーランは信者に告げている。

3764

インドネシアのイスラム・フェミニストであるリリー・ムニルの話を聞いて、この比喩のニュアンスがわかるようになった。「土壌は種を受け入れる用意ができていなければならないわ」と彼女は私に言った。彼女の目が輝いた。「水をやって柔らかくして、滑らかにしてはじめて、さあどうぞ、となるのよ」

3722

キリスト教は性を罪と結びつける。しかるに、ケンブリッジの神学者であるティム・ウィンターの注釈によれば、イスラムは、性に「超越を垣間見させるもの」という役どころを与えている。

3785

アクラム師はむしろそれが農業のイメージを用いていることを強調した。土を耕し、種を蒔いて作物を実らせるのである。「人によっては欲望の赴くまま、どこで処理してもいいと考えています。お尻とか口の中とか」と彼は言う。「ですが、この欲望は家族をつくるという目的だけのためのものです。正しい場所に用いなければなりません。家族をつくる目的に適う場所に対して行なうならば、ポジションはお好み次第です」

3810

預言者ムハンマドは穏やかで、子供に優しく、家事もこなした。結婚はパートナーシップだ、とアクラムは信じている。女性は子供を教育する義務を負い、男性は家計を支える義務を負う。アクラムはこうしたジェンダーの役割を信じているが、そうした役割は交替可能だとも考えている。「まあ、難しいでしょうけれども」

3892

妻や娘に基本的な自由を認めない男たちの多くは、コーランを盾にとる。彼ら家父長たちのお気に入りの 1 節は、第 4 章「女性章」の 34 節だ。その 6 行はおそらく、イスラム教の聖典の中で最も激しく議論の行なわれている箇所の 1 つだろう。

3932

男たちは女たちを管理 (in charge of) する。なぜならアッラーが彼らの一方を他方より優れた者にしたからであり、また彼らが彼らの財産を (女たちを養うために) 費やすからである。それゆえ、良い女たちは従順で、アッラーが守られたものを秘かに守る者である。おまえたちが反逆されることを恐れる者たちについては、彼女らを諭し、寝床をともにしないと彼女らに宣告し、次に彼女らを鞭打て (scourge) 。そこで彼女らがおまえたちに従うなら、彼女らに対抗する道を求めるな。

3940

夫が死んだら、妻は残りの財産とともに、夫の男性相続者の持ち物となる。イスラム教の到来とともに、女性は相続の権利を勝ち取った。コーランは、女性は男性親族の半分を受け取れるとしている。このやり方は今日の西洋の平等概念に適うものではないが、7 世紀のアラブ社会においては模範的に公平であったと言える。イスラム社会の伝統的な仕組みでは、家族を金銭的に扶養するのは男性であって女性ではない。男性が相続したものを用いて家族を養わなければならないのに対し、女性の相続分は彼女個人のものであり、どう使うのも自由である。

2 対 1 の相続ルールは、(今日の基準を別にすれば) どの社会のルールと比べても極めて進歩的であったと言える。 1870 年まで、英国のコモンローは「夫の庇護」の原理を採用していた。この原理は、結婚した女性は法律的に存在しないというものであった。法的には夫と妻は 1 体であるので、女性は財産を相続することも自分の稼ぎを蓄えることもできなかった。「女性の存在自体、そして法的身分が、結婚の間じゅう中止されるのである」と、18 世紀の法律家チャールズ・ブラックストーンは書く。合衆国では、1900 年まで女性は自分の財産を管理する権利を持たなかった。

4053

「女性章」の章句はアクラムの一家の財産のあり方に多大な影響を与えた。アクラムがこの相続の章句の意味を真に理解したのは、19 歳になってナドワーで学んだときであった。彼はアラビア語の章句を読み、そしてもう一度読んだ。彼は衝撃を受けた。祖父も曾祖父も、それと知らずに自分の娘たちを騙していた、つまりそれぞれの取り分を与えずにいたことがわかったからである。インドのイスラム教徒の多くがそうするように、アクラムの家族も、女性は土地を相続しないという村の慣習に従っていた。アクラムの父とその弟は土地を自分たちの間で分割した。姉妹 2 人には取り分がなかった。次にジャムダハンに帰ったとき、アクラムは父親に物申した。父もおじも、兄弟姉妹で取り分を分け合うために、それぞれの土地の 1/3 を手放さなければならないとアクラムは主張し、父は納得した。しかし、父とアクラムが 2 人揃っておばたちに会いに行って、コーランによれば彼女たちには自らの父親の土地を分け持つ権利があると説明すると、2 人は最初土地を貰うことを嫌がった。「おばたちはしょっちゅううちに来てはひと月、ふた月泊まったりしていました」とアクラムは説明する。「彼女たちは、もし遺産を貰ったら泊まりに来ることができなくなるんじゃないかと心配したわけです。しきたりを変えたくなかったのです」

アクラムのおばたちは、この、ラクナウから戻ってくるや家の決まりごとを変えようとする才気ばしった若い甥のことを、困った子だと思ったようだ。面倒見のいい兄がちゃんとやってくれているというのに、なぜこんな騒ぎを起こさなければならないのか? だが、アクラムと父は姿勢を崩さず、おばたちも結局コーランの規定する取り分を受け取った。

4072

私はアクラムのおばたちのことをちょっと考えた。 2 人は神──と家族──が自分のものだと認めてくれたものを手にするのを躊躇した。慣習という温かく揺るぎのない圧力は、たとえ窮屈でも慰安を与えてくれる。

4096

「実のところ、イスラムの文脈からすれば、疑問点は『いったいなぜ女性は金品を得るのか』というところにあります」とアクラムは言う。「女性たちには、何であれ、どんなふうにであれ、使う金など必要ないのですから!」──ここで彼は間を置く。この挑発的な言葉が最大限の効果を発揮するのを待っている。そこでおもむろに答えを述べる。女性の相続権は、実用よりも原則に関わりがある。女性が自らの財産を必要とするその理由は、「金銭を手にすれば人から真剣に扱ってもらえるから」である。「女性は一通りの敬意を得るために、財産の分け前を受け取る必要があるのです」

4108

男性が監督者だというのは家の中だけの話です。神の法のもとでは、男性も女性も同じ権利と責任を持っています。ただ家庭においてだけ、両性は異なる権利と責任を有するのです。これはニ次的な事柄にすぎません」

4140

「まさしく! 妻が楽園に向かい、夫が地獄に堕ちるなんてこともあり得るのです!」

私は世俗主義者なので、死後どうなるかについて考えを決めていない。私が意識しているのは、毎日が「決算の日 (審判の日)」だということだ。アクラムには死後に清算をつけてすべてを平等にしてくれる正しき神がいる。だから彼は安心立命を得ている。私は今生に縛られているので、我が正義の清算が死後に持ち越されるのを待っていられない。

4146

「女性は妊娠する。だから女性には男性のように自由に行なうことができない事柄がある。あとは推して知るべしです」。イスラム教は、いくつかの義務の重荷から母親たちを解放する。そうした義務から男性は逃れられない。「家族のシステムを創ったのは神です。その神のやり方ゆえに、男性はあれこれの集団的な責任を負います。男性は社会における積極的義務をこなさなければならない。しかし女性には、それに参加するかしないか、自ら決める権利があります。男性の場合は、それは義務なのです。彼らはそれをやらなければならない!」

4161

アクラムの説明によれば、生物学的構造ゆえに、女性は社会的義務に対して一定の猶予が与えられている。「女性は妊娠します。女性は母親になります。もし女性が男性と同じ権威と義務を負わされたら、女性たちは今よりもずっと面倒な思いをすることになります。間違いなく」

4169

アクラムは絶好調である。「神は言いました。『楽園は母親たちの足元にある』。父親について神はそうは言わないんですよ! 母親はそれだけ尊敬されているんです!」

そのうえ、と彼は続ける。監督者であるということは、男にとって重荷でもある。 「人は権力が欲しいという。しかし実際に権力を持つと、楽しみも減ります」。彼はここを強調する。「管理の仕事は奴隷の仕事です。コーランは女性を管理の仕事から解放しようとしています。女性は疲れたとき眠ることができます。しかし私は父親です。私は疲れたときでも義務のことを忘れません。妻は休むことができる。でも、私は頭痛がしていても、授業をします」

アクラムは一瞬、目を閉じた。ジョークの予感。「誰かが現れて『俺が面倒見てやる。俺はおまえの監督者だ』と言ってくれたら、飛び上がって喜ぶんですがね!」。彼は言った。「本当に大歓迎なんですけどねえ!」

4181

イスラム教の場合、女性に家で祈ることを許すという免除の仕組みは、事実上、共同体のモスクでの祈りの喜びやさまざまな支援を女性に享受させないということであった。そればかりか、イスラム文化の多くにおいて、この仕組みは大きく変質した。女性は家にいてもよいという規則から、女性を家に閉じ込めるという習慣に変わってしまったのだ。この事実にほとんどの信者よりも通じているアクラムは、事あるごとに保守派を説得し、女性がモスクに行き大学に通う権利を擁護している。

4199

財布のひもを握っている者が権力を持つという点で、私たちは合意できる。

4252

アクラムにとって、あらゆる問題が敬虔さに、そして人を思いやりと正義を持って遇することに帰着する。非難されるべきはキワーマーのシステムではなく、人間と、人間の欠陥なのである。

4271

アクラムによれば、これをいろいろな意味に解釈しようと頑張る護教家もいるが、すべて誤りである。「ダラバの意味は『打つ』です!」

打つことを勧めているのではない。打つことは、実際、誤りだ。だが、もし絶対に必要なときには──と彼は続ける──打つ前に夫が踏まなければならないステップがある。「第 1 に、和解に努めなければなりません。次に、家族に打ち明けます。夫・妻両方の家族です。それでも駄目ならば、性行為をしてはいけません」

これがきかないときに、はじめて打つことができる。ただしそれには次の 3 つの条件がある。 「国家においても家族においても、権力を握る者は、怒りながら打ってはいけません。それは許されていない。怒っているときに懲罰するとすれば、その対象は自分自身であるべきです。第 2 に、自分自身を利するためではなく、相手を利するためでなければなりません。子供を打つのは子供をよくするためであって、自分をよくするためではない。第 3 に、それは単なる身振りでなければなりません。痛みを与えてもいけないし、怪我をさせてもいけない。絶対にいけません」。法学者の中には靴ひもあるいはミスワーク (イスラム教徒の多くが預言者にならって歯ブラシにしている小枝) を用いることを勧める者もある。「もし夫が、あるいは父が、妻が、つまり誰であれ権力を持つ者が、誰かに苦痛を与えたとしたら、それは重大な誤りです」とアクラムは言う。「もし打つことで怪我をさせたとしたら、その者を裁判所に連れ出してもいい、と法学者は言います」

打つための制約がこれだけ厳格であるのだから、「イスラム法に従う信者の世界には打擲はないということになります」とアクラムは考える。「ほとんどの人は怒りにまかせて打ちます。あるいは自分のプライドとか傲慢さのゆえに人を打ちます。それはイスラム教ではありません」

4285

コーランは男性と女性を「伴侶」(mate<仲間、友>) と呼ぶが、今日のイスラム法はこのことをほとんど反映していない。イスラム教徒が多数を占める国の多くでは、結婚と離婚、遺産相続と庇護に関する近代法が、しばしばイスラムの古典的法学者──すなわち中世 (預言者の没後 1~4 世紀間) のバグダッドあるいはダマスカスの男性たち──の思考を基に決められている。神の法を人間が解釈するときにはいつでも起こることだが、これらの裁定は中世という時代の刻印を帯びている。結婚とは「ワギナの支配を目的とする契約である」と書く法学者までいるのだ。1000 年後の今日においてなお、多くのイスラム諸国では、古典的法学者の造り上げた枠組みが結婚生活上の権利に関する法規を支えている。パキスタンからエジプトまで、いずこの法典に書かれていることも、アクラムのパートナーシップ思想とは、あるいはコーランの中に描かれた優しい結婚生活のイメージ──夫と妻の両方にとっての慰安──とは、かけ離れている。コーランは言う。「(妻たちは) おまえたちの衣であり、おまえたちは彼女たちの衣である」(第 2 章 187 節)

4335

アクラムにとって、イエスは「父のない人間」である。その尋常ならざる人生は、信仰を棄てた信者たちに神の力を思い起こさせるためにあったのだった。「神はイエスの人生の一切を標準から外れたものにしました。彼のこの世への誕生は異常なものでした」。彼のこの世からの旅立ちもそうであった。

4523

預言者たちの務めは人類に神を思い出させることだった、とアクラムは言う。神の民が宗教を惰性に変え、集団への帰属を敬虔と見なすようになったとき、真に重要な者たちが到来した。「

4529

イエスすなわちイーサーの誕生をもって「神は大事なことを伝えようとしました」とアクラムは言う。「神は民に導き手を与えるために、父のない人間を創造したのです」

イエスには「父がない」という信条はまた、信仰よりもアイデンティティを重んじるユダヤ人に対する批判にもなっている。「神は『わたしは一人の預言者を造ろう。だが彼は家族とつながりがない』と言っています」。アクラムは言う。「系譜による結びつきがそれほど重要ではないということを彼らに教えているわけです。大事なのは信仰と行動です」

4535

ローマ帝国時代のユダヤ教徒と同様、現代のイスラム教徒は、イエス・キリストのメッセージに耳を傾ける必要がある。なぜなら、今日、あまりに多くの者が霊性を失っているからである。アクラムは言う。「宗教は身体と魂とを伴うものです。しかし、数世代もすると、宗教の中でエチケットとマナーがいっそう重要になってくる。つまり宗教の精神が失われていくのです」。イエスが布教を始めたときのユダヤ人たちの状況とはそのようなものだった、と彼は言う。ユダヤ人たちはアブラハムの神との契約を忘れ去っていた。歴史の中で彼らの宗教は習慣に変わった。彼らはユダヤ教を神への信仰ではなく民族への帰属の問題にしてしまった。そうアクラムは論じる。今日のイスラム教徒の多くもまさにそのようになっている。「

4562

私たちはイスラムの身体を持ち歩いています! しかし神への服従を行なっていません。私たちは法を持っている。しかし、法の裏にヒクマすなわち知恵を持っていません。宗教は人間にアイデンティティを与えるためのものではない! 宗教の目的は『私たちはこの集団に属しています』と言うことではない。しかし今現在、イスラム教徒の 99 % は宗教をアイデンティティだと考えています! しかし、神はアイデンティティを好まれません。神は人間が自分の帰属を誇ることを望まれていない。神が求めているのは信仰です。神が望まれているのは行為です」

4576

言葉を変えれば、非イスラム教徒の間では、ただ隠者のみが救済を獲得する可能性があるということだ。アクラムの意見では、預言者ムハンマドのメッセージを知っていながらそれに背を向ける者は、たとえ他の宗教を信じていたとしても、真の信仰者ではあり得ない。

しかしそれでも、多くのイスラム教徒はムハンマドの教えを無視しているように見える、とアクラムは続けた。一番新しい預言者ばかりに注目するのは、人間の習いのようなものだ。「ユダヤ人はイブラーヒームの宗教よりもムーサーを重要だと考えました。キリスト教徒は初期の預言者たちを無視しました。そして今、イスラム教徒はムハンマドばかりに注目して他の預言者たちの教えを顧みません」

というわけで、ムハンマド抜きには──とアクラムは言う──ユダヤ人とキリスト教徒は楽園に行きつくことはない。それは私の聞きたかった答えではなかった。しかし私は、アクラムが信仰の自由を信じていることを知っていた。コーランには「宗教に強制はない」(第 2 章 256 節) とはっきり書いてあるが、この点に関してはアクラムもコーランに劣らずきっぱりしている。彼はいつも、私の言葉を真に受けないでくれと言っていた。「もし私の解釈が腑に落ちなかったら、他の人の解釈を探ってみてください」。

4654

のちの時代になって初めて法学者が (女性の権利のときと同様に) 保守的な世界観を促進したのである──とアスランはさらに注釈する。ユダヤ教徒やキリスト教徒をシンプルに、ウンマすなわち多様な信者が寄り集まってつくる共同体のメンバーと見なさずに、「不信仰者」というふうに捉えたのは、ムハンマドではなく、中世の法学者たちなのだ。初期のキリスト教徒が自分たちをユダヤ教徒と区別しようと頑張ったのと同じように、中世のイスラム教徒は自分たちの若い信仰と他の一神教的信仰との境界を先鋭化したのである。

4679

人々はコーランをいいかげんにめくって、ほとんど自分の読みたいように読んでいる。この年、そんなふうに考えたのは、これで何十回目になるだろう。いや、聖書やトーラーを読むときだってそうだ。挑発的な文句など、お好み次第でいくらでも見つかる。こういうときは、いつもながら一歩後退して、文言を文脈の中に置いて考えてみることだ。だが、そうした勉強をするのは、今日でもなお一種の贅沢である。イスラム教徒であるとないとによらず、そんなことをするゆとりのある者は多くない。

4704

第 12 章 異文化といかに向き合うべきか? そもそもイスラム教は、ユダヤ教やキリスト教との共生を前提にした宗教だった。ムハンマドも異教徒への中傷を厳しく禁じ、彼らとの関係構築に苦心した。最初のイスラム国家でも、宗教間の不可侵は保証されていた。

4716

物語を書いた? そんなものは無視しなさい。その作家を攻撃するファトワーを出してはいけない。中心街で焚書を行なってはいけない。抗議集会を開いてもいけない。この世には目を向けず、神のほうを向くようにしなさい。祈りなさい。ダアワを行ないなさい。人々にイスラム教への呼びかけをしなさい。「誰かがあなたの預言者ムハンマドに反対する本を書いたとしても、問題を解決する方法はたくさんあります! 最善の方法は人々のために祈ることです。あなた自身が本を書きなさい」。デンマークの漫画家が、預言者を侮蔑する汚らしいポンチ絵を描いた? そんなものは放っておきなさい。代わりに神のほうを向くようにしなさい。「誰かが漫画を描きます。すると私たちは抗議します。抗議する者は、自分はなすべきことをやっていると思っています!」。それは間違いである。「アッラーの書物のいったいどこに『抗議せよ』と書いてありますか? 『抗議』なんて言葉がコーランや預言者のスンナのどこにあるのですか?」

4787

ユダヤ教徒やキリスト教徒と仲良くしてはいけないと唱えるイスラム教徒がしばしば引用するのが、コーランの第 5 章、「食卓章」の 51 節だ。それは、「おまえたちより前に啓典を受け取った民を友としてはならない」といった意味合いに、つまり他の一神教徒と交流してはならないという露骨な警告のように読める箇所である。

4875

これは、ある時期のメディナにおける極めて限られた非イスラム集団について述べたものだという。メディナのいくつかのユダヤ系部族が異教徒のクライシュ族と組んで、若きイスラム教徒の共同体に敵対したときの話なのだ。「これは交戦中に降った言葉なのです」と彼は説明する。「非信者が圧倒的な力を持っていて、かつイスラム教徒に敵対し、彼らを迫害し、彼らに自由を与えなかった。これはそういう状況に当てはまる章句です」

4891

人間が他の人間のことで不平を鳴らすのをアッラーは望んでいません」と彼は言う。「人間は人間相手ではなく、アッラー相手に文句を言うべきです」

怒号、組織、抗議に時間を費やす? その時間を祈りに費やすこともできるだろう。不正な政府が世の中を動かしている? させておきなさい。どのみち彼らではなくアッラーが世界を動かしているのだから。サウジ政府がヒジャーブ着用を求める? 着用しなさい。フランス政府がヒジャーブをつけて通学するのを禁じた? 家でつけていればよろしい。あなたの礼拝する能力に干渉しない限り、地域の法律には従いなさい。究極的には、あなたはサウジ政府にもフランス政府にも、さらには自分自身の欲求にも、服従すべきではない。アッラーにのみ従うべきである。「あなたは奴隷なのです。神の奴隷なのです。あなたの所有者は神です」

5100

政治権力の獲得を目標とするのは、預言者ムハンマドの道を歩むことではなく、預言者の敵であった王やエリートたちの道を歩むことである。シャリーアの法制化を求めるのは非現実的である。シャリーアを押し付けると、人々の間に信仰が構築されるどころか、むしろ破壊されてしまう。国家公認のシャリーアは「あなたを法に従う動物」に変えてしまう。真の敬虔さはイーマーン、すなわち個人的にコミットする信仰から生まれるものだ。「もしあなたの心の奥深くにイーマーンがあるのなら、国家も権力もあなたからそれを奪うことはできません」。だが、国家がイスラム教を押し付けるなら、「偽善が入り込むでしょう」。

5139

インドとイギリスという比較的自由な空間で築かれたものであるため、アクラムの世界観には、モナのエジプト発の行動主義の持つ切迫感が欠けている。イスラム教徒が政治の領域で立ち上がるのは時期尚早であるとアクラムは信じているが、モナとムスリム同胞団の仲間たちはこの考えに同意しない。「悪であるものに立ち向かうのは義務です」とモナは語る。「心の中で非難するだけでは 10 分ではありません」。緑多き平和な町オックスフォードで魂をタクワーに向けて修練するというのと、独裁政権のもとで暮らすというのはまったく別のことである。「エジプトでは善き人間であることができません。エジプトという国がそれを許さないからです」とモナは言う。「彼が政治は腐敗した環境だと言うのはわかります。ですが、私たちが政治を腐敗するままにしておけば、私たちはいつまでも腐敗した政治家を持ち続けることになります」

5718

ジハード戦士は、アクラムや彼の同僚のウラマーなどよりも、しばしばはるかに表面的西洋化を遂げている。一般社会の通念とは異なり、ジハード戦士のほとんどはマドラサの教育を受けていない。彼らの多くは、古典的イスラム思想の微妙な意味合いなど学んでいない。むしろ彼らが受けたのは、工学、コンピュータ・プログラミング、医学といった世俗的で専門技術的な教育だ。暴力的な過激主義者 400 人の出自を調べたある重要な研究によれば、マドラサないし寄宿制イスラム学校の出身者は 13 % しかいない。

5547

アクラムの詠唱は、それが私にとって異質なものであるがゆえに──異質なものであるにもかかわらず、ではない──、悲しみを癒す薬となった。彼の詠唱は、死が普遍的なできごとである、生と同様にあたりまえのできごとであるということを、私に思い起こさせた。

5794

アサドのイスラムの弁護の仕方が盲信ではなく理性に基づくものであることに、アクラムはとくに注目している。

5811

アサドの疑問は三位一体に関するものだった。神が一なる者でありながら三なる者であるなど、どのようにしたら可能なのか?

イエズス会士は答えた。三位一体体は大いなる神秘的真理である。それは秘義である。「もし信仰が得られたなら、あなたの心はそれを理解するようになるでしょう」と彼はアサドに請け合った。

アサドは答えた。まさにそれゆえに、私はイスラム教徒になったのだ、と。「あなたはおっしゃる。信仰に入れ、すると理解するであろう、と。しかし、私の宗教が告げるのは、理性を用いよ、するとあなたは信仰を得るであろう、ということなのです」

5820

西洋文化は人生の全体を公平に扱っていないとアクラムは言う。「みな言います。何かを正しく理解したいなら、そのさまざまな側面をすべて見るべきだ。その全部を合わせたとき、初めてそれを理解することができる、とね。でも西洋では、みな、人生の一部分しか知ろうとしません」「一部分?」 「元気いっぱいの若さには目が行くけれども、死を見ようとしない。みなが来世を信じるわけではないというのは、いいとしましょう。でも、少なくとも死については、それ相応に注目されるべきです! 人は死を見つめるべきだ。人は死が何を意味するかを知るべきだ! 老齢、病気──これらもまた社会の一部であるべきです! 貧しい者──彼らも社会の一部であるべきです!」

5925

アクラムの敬虔なる信仰は彼を来世に結びつけていた。彼は、ほかの人たちが車のキーを持ち歩くように、死の意識を持ち歩いていた。しかし、迫り来る死に対する彼自身の研ぎ澄まされた感覚をもってしても、彼は悲しみを押しとどめることができなかった。信仰の力は、欲望や貪欲など、人間を悩ませるつまらない感情を小さくするかもしれない。だが、亡くなったあとに母親の残す空隙は、敬虔さでは決して埋まらない。

6058

著述家ムスタファ・アキオルの指摘によれば、イスラム文化は西洋に脅威を感じるとしばしば、厳格で不変の戒めに固執し、伝統を創作してきた。他のあらゆる文化と同様イスラム社会も、自信のあるときが最も柔軟であった。強力なオスマン帝国は、ユダヤ教徒やキリスト教徒に市民と同等の権利を与え、背教関連の法規を廃止したときにも、イスラムのアイデンティティを失わなかった。同様の自信の表明は、2011 年のアメリカ人イスラム教徒に対するピュー研究所の調査にも表われている。

6173

多くのイスラム社会で広く行なわれている女児を結婚させる慣習について話していた。当然のことながら、私はそれを激しく非難した。教育についてはどうなの? 個人の選択は? 就業の期待は? 要するにいつも通りだ。

アクラムは聞いていた。そして私に、西洋文明に目を向けてみるよう促した。ヨーロッパの歴史をほんの 300 年遡るだけでよかった。産業革命以前のその時代に、幼児結婚の慣習は簡単に見つかった。公立学校も、不登校問題の専門家も、子供の人権マニフェストも、未成年関連法規もない時代だ。西洋の説く絶対的規範は作られたものであって自然に生まれたものではない。アクラムが私にそのことを思い出させてくれたので、私の激憤も多少おさまった。私が真理と思っているものは、政治上の、産業上の、そして個人的な幾多の革命の歴史の上に築かれたものなのだ。女児の学校に通う権利や子供時代という概念は、岩や大海のようにその風景に必ずあるものではなかった。それらは戦って勝ち取ったり、作り上げたりしなければならないものだった。自らの文化が、正義が何を意味するかの規準を構築し、構築し直すことでできた生きた伝統であることを思い起こさせられて、私は気が晴れた。 「特定の文化や特定の文脈の中に育った場合、精神が固定されているために、別の文化や文脈の中で考えることができなくなります」。コートを取り上げながらアクラムは言った。「状況の全体を把握することはたいへん難しい」

6285

差異を理解するのが私の根本的価値観であるように、それはコーランの根本的価値観でもあるからである。多様性を通じてのみ──とコーランは書く──人は自分自身という人間の形と重要性を真に知ることができる。 人々よ、われらはおまえたちを男性と女性から創り、おまえたちを種族や部族となした。おまえたちが互いに知り合うためである。 (コーラン第 49 章 13 節)

6309

本書は、フェミニズムに傾倒し、宗教にほとんど縁のない行動派のアメリカ人女性と、女性に対して厳しいとも差別的とも言われるイスラム教の厳格な聖典解釈者とが、意外にも意気投合しながら、いっしょにコーランを読むという、たいへん刺激的な内容の本です。

6729

アクラムの教理的見解では、スカーフなどにこだわる必要はないのだそうです。

なぜでしょうか? ムハンマド時代のイスラム女性は今日よりはるかに自由に行動的に振る舞っていました。そしてアクラムによれば、ベールなどの布よりも信仰の実質のほうが大事なのです。今日、女性のベールはイスラム教徒のアイデンティティのしるしとして使われていますが、彼はアイデンティティにこだわる発想そのものがイスラム的ではないと言います。

6756

伝統的慣習の多くは、イスラム教がその誕生以降アジア各地に広まる間に徐々に地域の慣習を吸収してできあがったアマルガムだと彼は言います。

6764

どの宗教にも有るよね。


ウェブ サイト内
RSS 配信