宇宙は何でできているのか

素粒子物理学で解く宇宙の謎

Kindle 書籍情報

出版社
幻冬舎
最大 No
2480

感想

  • 宇宙や物の動き・性質を理解する上で、ヒトはどこまでが解っているのか?
  • そしてマウロな宇宙を記述するには、その逆のミクロな素粒子の世界を正確理解する必要が出て来る

を一般向けに解り易く述べた書である。

言うまでもないことですが、「見る」とは「光をキャッチする」ということです。いくら性能のいい望遠鏡を向けても、光を発していない「暗黒時代」の宇宙からは、何の情報も得られないわけです。

718

しかし、これが昨年の重力波の発見により、可能に成って来るんだよな~。

ここまで相対性理論の予言が証明されると、少なくともマクロな面では間違いがない。今後、より包括的な理論が出てきたとしても、有ったとしても極めて高精度な近似に違いないと思う。

しかしながら、本書でも、その存在が前提としている、ダークマター、ダークエネルギー (詳細は本書を読んで) について、昨年末に『ダークマター存在せず? - 「エントロピック重力理論」と観測データが一致』というニュースも有り、今後の解明で、どういった進展があるのだろう?

印象的な箇所

宇宙に存在するニュートリノをすべて集めると、宇宙にあるすべての星とほぼ同じ質量になるというのです。この発見は、1998 年のこと。

467

今改めて聞いても衝撃だよ。

ニュートリノは極めて軽く、当初は質量 0 とされていたぐらいなのだから。

これが、宇宙誕生後 38 万年にある分厚い「壁」です。それより向こうからは、光も電波も届きません。どんなに頑張っても観察することができないのです。

739

これって、重力波望遠鏡が実現した暁にはどうなるの?

ミューオンは私たちの体を毎分約 1000 個も通り抜けていますが、ピラミッド内部にぎっしり石が詰まっていれば、そこで原子にぶつかって、いくらか数が減るでしょう。その減衰量は計算で予測できます。もし「秘密の部屋」なる空洞があれば、その減衰が起こりません。そして調査の結果は……残念ながら「秘密の部屋」は存在しませんでした。でも、物理学者の発見したミューオンが考古学で役に立ったのは事実です。

1044

今年、この方法で未知の空間が見つかったんだよね。

コペンハーゲン解釈のもとになった波動関数の方程式で、1933 年にノーベル賞を受賞したオーストリアのシュレーディンガーも、この解釈には反対でした。

1379

「神様はサイコロを振らない」と言ったアインシュタインでなく、シュレディンガーも反対というのは、それだけ当時の科学者にも、この考えは馴染みがないための違和感が有ったのだろうな。


ウェブ サイト内
RSS 配信