人生の約束

劇場予告を見て期待していた『人生の約束』を観たけれど、期待には届かなかった。

共に会社を立ち上げ、上場するまで育てたながら経営方針の違いから、袂を分かった友から数年ぶりに何度か電話来るところから話は始まる。

袂を分かったものの、友をどこかで心に留めていた主人公は、友の故郷を訪れ、そこで彼が亡くなったことと、故郷の祭りの復活が友の最後の願いだった事を知る。

一方会社は大きくなったものの、部下は誰も主人公に異議と唱えることはもちろん、意見を述べることさえ憚られる状態になっていた。そのため部下は、粉飾決算をし国税から強制捜査を受ける。

  • 友の最後の願いとなった祭りに何の意味があるのか?
  • 友が袂を分かつ時に主人公に言いたかったこと、会社に残したことは何だったのか?

というのがあらすじ。

  • 話の筋
  • 配役
  • 役者の演技

のどれも合格点なのに、なにか物足りない気がするのはなぜだろう?


ウェブ サイト内
RSS 配信