マネー・ショート

華麗なる大逆転

マネー・ショート 華麗なる大逆転観てきたけど面白い。

舞台はリーマン・ショック前後のアメリカ。多くの金融機関が巨額の損失を生むことになるが、このバブルが崩壊する前に、

  • 金融システム自体に問題が有ることを見抜き利益を得ようとする者
    ただしこの人物は、ファンドの代表である性質上、個人的な利益というより、自分を信頼した投資家の利益を優先させている印象
  • これをいち早く知り、これに賭けようとする 2 組

今の我々は当時金融システムに問題が有り、その根本的な問題は現在も解消されていないことを知っているが、当時はその問題に気付いている人は殆ど居らず、正しい予想であるにも関わらず、相場は矛盾した動きを続けていく。

彼らは利益を得られるのか? というのが粗筋。

物語の過程で「なぜあのバブルが起きたのか?」が描かれるが、つくづくサブプライムローンと、それを元とした債券市場は欺瞞的なシステムだったよな、と。

気になる点としては、

  • 副題ダサすぎ、要らないだろ
  • 金融用語の説明は劇中に有るが、次のキーワード程度は予習して望んだほうが、すんなりと物語を楽しめるだろう
    • 空売り
    • サブプライムローン
    • CDO
    • CDS
    • モゲージ債

ウェブ サイト内
RSS 配信