エヴェレスト

神々の山嶺

エヴェレスト 神々の山嶺観てきたけど期待が大きすぎたかな。

原作は夢枕獏の同名小説 (元々のタイトルは『神々の山嶺』) で、粗筋は、

  • カメラマンがエヴェレストで消息を絶ったマロリーのものと思われる古いカメラをネパールの店先で見つける
  • もし写真にマロリーが登頂に成功したことを示す写真が残っていれば、登山史を塗り替える
  • そこで消息が解らなくなっている伝説的な登山家羽生丈二に出会う
  • 羽生はなぜ誰にも知らせずネパールに残っているのか? 何を目的としているのか?
  • どうやら羽生はエヴェレスト最難関ルートである南西壁、冬季、単独、無酸素登頂を目指していると察知し、それをカメラで記録することを試みる

映画化に伴って、幾つか変更点はある。ただ、それを差し引いても、原作の壮大さや、山の雄大さ恐ろしさが描ききれていないかな。人のアップが多すぎる気がする。もっと引いた山々、神々の山嶺を画面に収めたほうが良かったのでは?


ウェブ サイト内
RSS 配信