スポットライト

世紀のスクープ

昨年度のオスカー作品賞を受賞し、公開時に観に行ったのに、気がつけば近々 BD/DVD の発売が迫っている『スポットライト 世紀のスクープ』。

題材は、日本ではキリスト教徒の割合が大きくないせいかそれほど話題に成らなかったカトリック協会神父による子供の信徒に対する性的虐待事件。

粗筋としては、

  1. アメリカ・マサチューセッツ州ボストンを本拠とする『ボストン・グローブ』に新しい編集長が着任
  2. 調査報道を専門の欄『スポットライト』のチームにある神父の小児性的虐待に対する調査を持ちかける
  3. チームトップを中心にメンバーで調査を始めると、神父個人の問題ではなく、教区に留まらず、カトリック教会全体の隠蔽、事勿れ主義が浮き彫りになってくる…

オスカーは、実話が元になった話は評価が高くなる傾向はあるものの、それを差し引いても良く出来ている。特に主演のマイケル・キートンを始めとする役者の全体を通した落ち着いて演技が映画を引き締めている。

残念なのは、カトリック教会の社会に対する、特に映画から伝わってくるボストンという地域に対する影響力が、日本に済む私には十分理解できていないと自覚できる点。つまり、これが解っていれば、事の重大性が理解でき、より楽しめただろう、ということが解ること。

実話として驚きだったのは、

  • 1970 代には既に始まっていたことが、映画冒頭で暗に仄めかされているという事実
  • 過去の小児性虐待にインタビューを求められた神父に罪悪感が全く無く、性欲という神父にとって禁忌を行ったという自覚が全く無いこと

ウェブ サイト内
RSS 配信