マネーモンスター

監督としての処女作『リトルマン・テイト』以来、名作には届かないけれど佳作級は期待できるジョディー・フォスター久しぶりの監督作品マネーモンスター観てきた。

粗筋を公式サイトから引用すると

司会者リー・ゲイツ (ジョージ・クルーニー) の軽快なトークと財テク情報で高視聴率を稼いでいる TV 番組「マネーモンスター」。番組ディレクターであるパティ (ジュリア・ロバーツ) はセットの陰に潜む不審者に気がつく。突然鳴り響く銃声。犯人 (ジャック・オコンネル) が銃を手にリーを人質にとり、番組がジャックされた。

株の情報操作が意図的に行われ、全財産を失くしたと TV を通じて視聴者に訴える犯人。その原因は、数日前の O.A でリーが発した情報だった。犯人の主張の中で、リーは自分自身も誤情報を無自覚にタレ流していたことに気づく。一体何が起きているのか―。

ウォール街の闇に封じ込まれた情報操作を暴くため、リーは人質から“共犯”へと立場を逆転させる。一方で警察の銃口は彼らに狙いを定めていた。事件の中継を通じて、徐々に見えてくる“真実”。その核心が暴かれようとしたとき、彼らと全米の視聴者が直面する、知ってはならない「結末」とは―。

当初は、立てこもり男の単なる八つ当たりのように見えた事件が、実はそうではなく、富裕層・経営者による情報操作を炙り出していく。

貧富格差・情報格差、行政の対応や法律までも貧者に不利なアメリカの現状を散りばめているものの、全体的にはエンターティメント性が高い作品。番組制作スタッフの内面をもっと描くと深みが出たのになあ〜。


ウェブ サイト内
RSS 配信