トランボ

ハリウッドに最も嫌われた男

アメリカで赤狩りが盛んだ頃、偽名を使いアカデミー賞を受賞したトランボの反省を描いた実話、トランボ ハリウッドに最も嫌われた男観た。

彼の存在は以前から知っていたが、日本ではアメリカ以上に人気のある『ローマの休日』も、彼が名を隠して執筆した作品だとは知らなかった。

  • 思想の自由
  • 信条の自由
  • 表現の自由

を制限、脅かすことの愚かしさと危険性が良く解る作品。

しかしこの赤狩りで積極的に仲間を売ったレーガンが後に大統領に成るというのは、アメリカにとっての歴史の暗部となっていないのがまた怖い。

彼に興味を持った人は、原作・脚本はもちろん唯一メガホンを取った『ジョニーは戦場に行った』をぜひ見て欲しい。作品の出来はもちろん、彼が最後まで反体制の人であったことが良く解る。


ウェブ サイト内
RSS 配信