ハドソン川の奇跡

2009 年 1 月 15 日に起きた旅客機がハドソンバワにフジ着水した事故を題材にした『ハドソン川の奇跡』を観た。

事故の結末を聞いた時は衝撃で、映画を観る前から事故の内容自体は鮮明に覚えていたものの、英雄と讃えられた機長の身の回りに起きたことは全く知らなかった。英雄と讃えられて終わりではなかったのね!!! 「判断が間違っており、近くの空港に乗客の安全はもちろん期待の損傷もなく着陸できたはず」と追求されていたとは!!! (ただし、日本のそれとは違って、あくまで今後の事故を無くすための事故原因究明の場の話であって、元々機長の責任を追求するものではない)

書くまでもないが、トム・ハンクスは名演技で、落ち着いた演技が、事故当時伝えられた機長の振る舞いを思い出させる。


ウェブ サイト内
RSS 配信