シン・ゴジラ

書くのが遅く、既に今年度の日本アカデミー賞が発表されましたが、この作品が主要部門を総なめにしましたね。逃したのは、脚本賞ぐらいでしょうか?

私の今作の感想としては、名作ではないけれど、色々詰め込んだのに、破綻することもなく良く纏めた、といったところでしょうか? 失礼ながら、庵野監督にこういった手腕が有るとは思っていませんでした。これまでの彼の作品は、決して観客に解りやすいものではなかったので。

特に印象時だったのは

日本への社会風刺
  • 日本の社会は何事も会議を経ないと進まない
  • それにともなく責任の所在の不明確さ
これまで、特に最初の『ゴジラ』へのオマージュ
  • ゴジラの登場心などに以前の音楽をそのまま使う
  • ゴジラの初期形態は、(おそらく) あえてハッキリと着ぐるみと解るようにする
  • 最終形態も基本、狂言師野村万斎演じる着ぐるみ

また、庵野監督作品ではいつものことでしょうが、観る人、観る度に見方の変わる作品。


ウェブ サイト内
RSS 配信