君の名は

昨年最大の話題となった作品でしょう。

個人的には、なぜこれほどのヒットになったのか解らない。別に売れたがために、弄れてディスりたい訳ではない。これまで、全ての新海誠作品を観てきた身としては、

  • 基本的に「一番伝えたい人に伝えられない思い」を描く作品性、これは、全編一人、最初の公開時はアフレコも自分や当時の知人で行った最初の作品『ほしのこえ』の頃と変わっていない
  • 美しい背景、特に独特の空気感も以前から定評が有る
    これは、これまで新海さんの映画を観たことがない人でも、大成建設の CM は観たことが有るだろう

ので、突如売れた理由が解らない。

ただ、これまでの作品と違う点としては、

  • これまでと異なり、一般的に受け入れられやすい画の人が作画監督、キャラクターデザインを担当されている
  • 音楽が効果的に使っている
    主題歌、挿入歌を歌う RADWIMPS は、歌だけでなく音楽全体の担当の性か音楽に統一感が有る
  • 時の流れを表すのに、ラッシュを用いて観客が状況を完全に理解するより少し早く速い場面展開することで、物語の没入感を高めている

個人的に、新海誠作品の中でも好きな作品では有るが、私の一番好きなのは『言の葉の庭』のまま変わらなかった。

以外だったのが、アフレコ。この作品ででも一方の主役の声を務める神木龍之介は、改めて意識していけば明らかに神木自身なのに、意識しなければ、どの策人でも違和感なく作品世界の住人になっている不思議なの存在なので驚きはしなかった。しかし基本的には、、私はアニメのアフレコは、プロの声優がやっている方が好み。これは、通常俳優だと、どうしてもその顔が浮かんでしまうため。もう一方の主人公の声を演じる上白石萌音は、実車の演技をそれほど見ていないので、顔が思い浮かばないのは納得できる。しかし、最も以外だったのは、神木演じる一方の主人公が最初に淡い恋心を抱かれる役を演じた長澤まさみ。彼女の声は少し舌足らずで、幼い印象を持っていたのだが、しっかり大人の女で艶の有る役になっていた点。

それでも、(おそらくパラレル・ワールドとして) これまでの新海作品の登場人物が出ていたりと、これまでの新海ファンにも楽しめる作品。


ウェブ サイト内
RSS 配信