VirtualBox アップデート後にすること

VirtualBox をアップデートすると、アプリと拡張キットのヴァージョンに相違がでて、ゲスト OS が起動できなくなることがある。これは拡張キットをアプリのヴァージョンに合わせてやれば良いが、やり方を忘れるので備忘録として残しておく。

  1. VirtualBox のダウンロードサイトに行き、Extension Pack をダウンロード (→「All supported platforms」:ヴァージョンによってリンク・ファイルが異なる)
    Extension Packへのリンク タップ位置
    • 保存
    • 関連付けができていれば、直接 VirtualBox で開ける
    ダウンロード時の選択
  2. ダウンロードしたファイルを VirtualBox で開いて [アップグレード]

    アップグレードの確認
    • 通常度の環境でも管理者権限が必要なので、そのための操作をする
    • 次の画像は Ubuntu の場合
      • sudo, 管理者権限を利用できるユーザで、パスワーをを入力し [認証する]
      管理者権限で実行
  3. ライセンス認証画面が表示されるので、最後まで読み (最後までスクロールし) [同意します]

    ライセンス認証
  4. アップグレード完了

    完了

ウェブ サイト内
RSS 配信