Let's note SZ 購入

長年使ってきたノート PC が、稼働中に HDD から異音がするようになったので、Let's note SZ を購入。

ハッキリ言って、Let's note シリーズはカタログ・スペックと値段を考慮すると、コスト・パフォーマンスが悪く割高な製品。しかし持ち運びのことを考えると、頑丈であることと、耐久力があることは非常に重要。何せ以前の機体は、同じ Let's note の CF-W7 シリーズで、発売が 2008/05。OS を Windows→Ubuntu Linux に置き換えたものの、よく働いてくれた。流石に、Ubuntu 15.04 当たりからは動作がもたつくようになっていたけれど。

また割高な分、このシリーズは細かいところに気が利くようになっている。

  • BIOS で FnCtrl が入れ替えられる
  • 安いのと違い Number Lock モードがちゃんとある、文字キーを 10 キーの様に使えるモードがある←持ち運びに適した 10 キー無しのフル・キーボード非搭載の機種で数字を連続する時は、殊の外と便利。

前に比べて良くなったのは、キーボード右側にも Fn がある。これに依り、片手で

  • Fn+Home
  • Fn+End
  • Fn+Page Up
  • Fn+Page Down

が出来る。

デスクトップなどフル・キーボードではこれは当然だけど、そうでない多くの機種では、Fn が左にしか無いので、片手操作が出来ない。

唯一気を付けないといけないのは、DVD からの起動は初期状態では無効になっているので、BIOS でハードウェア起動時から DVD ドライブの電源が ON にする設定に変更する必要があること。殆どの場合、問題に成らないが、再セットアップ時などは注意が必要だろう。

私は早速 Ubuntu 16.04 を入れたが、問題なく動作する。この場合の注意事項は、何か出て来るかも知れないが、それはまた機会が有れば。


ウェブ サイト内
RSS 配信