Windows 10 Anniversary Update

Windows 10 Anniversary Update (Version 1607) が Windows Update にデフォルトで含まれるようになってきたんですね。

Windows 10 を久しぶりに起動したので、セキュリティー確保のために Windows Update を手動で実行したら、更新されてしまった。

余り、使い込んでいないけれど、当然それほどの変化はないが、ちょっと ??? な部分も有る。

  • アップデートに時間がかかりすぎる

    当然環境にもよるだろうが、3 時間近く掛かった。

    アップデートのダウンロードはもちろん、それからも 1 時間は掛かったかな?

    時間をきちんと測ってやろうと、メインで使っている Ubuntu (Intel Core i7-2600K) 上の VM (プロセッサは 4 コア、メモリは 4 GB 割当) でも試したが、ダウンロードを含めて 3 時間、アップデート後の再起動 (アップデート中にも何度か自動で再起動する) からアップデート完了までだけでも 1 時間 30 分かかったので、環境が変わっても余り状況は変わらないのかな?

    これだけ時間がかかると、業務で使っている PC はおいそれとアップデートできない。つまり Windows Update を OFF にして置かなければならないな。

    ある程度の規模の企業なら、PC の管理は会社全体で専用部署が担当するのだろうけど。

    もうアップデートは Ubuntu のほうが圧倒的に簡単で早い。

  • キーボードだけでシャットダウンがやりにくくなっている

    これまでは、Win, , で電源アイコンを選択できたが、Windows 10 Anniversary Update にしてから、Windows 8 レベルの選択し難さに退化してしまった。

    Win , , Shift+Tab, , , , で可能だが、かなり煩雑。


ウェブ サイト内
RSS 配信