Ubuntu 17.10 にアップグレード

Ubuntu 17.10 にアップグレードしたら、やはり幾つかの問題が発生した(^_^;

システム全体に関わる問題

ディスプレイ・サーバーが Xorg→Wayland に変更されたことによる問題

問題の内容

Ubuntu 17.10 から UNIX 系 OS で GUI を提供するディスプレイ・サーバーが Xorg から Wayland に変更されたことに伴い、幾つかの問題が起きる。

幾つかのアプリが動かない

私がよく使うアプリとしては、

  • 仮想ターミナル tilda
  • コマンドラインでクリップボードとデータのやり取りをする xsel

他にも有るよう。

X Windows System の設定の内 Xorg 前提の設定はもちろん効かなくなる

ディスプレイ・サーバーが変わったので、それに依存する今までの設定は全く使えない。

対処法

ディスプレイ・サーバーに今までどおり、Xorg を使うしか無い。

Xorg 自体はインストールされているので、ログイン時に選択すればよい。実際には、ログイン時の歯車アイコンで選択できます。「〜 on Xorg」を選択後、ログインすれば OK。「〜」の部分は、自分が普段使っているディスプレイ・マネージャーで「Ubuntu」や「Gnome」と置き換えて。

実際の画像付きを参考する場合は、 【Ubuntu 17.10】WaylandからXorgに切り替えるべき7つの理由

ディスプレイ・マネージャーが LightDM から GDM に変更

何らかの理由で PC が反応しない、いわゆる固まってしまった時に、いきなり電源ボタンは危ない。Ctrl+ALt+DeleteAlt+PrintScreen+R/S/I/U/B が使われる。(幾つかのページで GUI の再起動は、Ctrl+ALt+BackSpace で可能と有るが、私の環境では無反応。)

ただこの時 GUI は反応なしでも、CLI は問題ないことは多い。そんな時ははディスプレイ・マネージャーを再起動を試みたい時、以前は

$ sudo service lightdm restart

だったが、ディスプレイ・マネージャーが変わっているので仮想コンソール移行後のコマンドが、

$ sudo /etc/init.d/gdm3 restart

となる。

ただ現状思ったような動作になっていない??? 表示されるログイン画面が何度やっても戻ってきてしまうし、そもそも実行前の GUI が残っている?←実行前のアプリがそのままなので

仮想コンソール

上のように GUI ダメでも CLI が問題ないことが有り、トラブル対策で役に立つ仮想コンソール (ここではアプリとしての仮想ターミナルではない) は、他のディストリビューションも含めて、これまでは Ctrl+Alt+F1F6 で GUI に戻りたいときが、Ctrl+Alt+F7 だった。しかし Ctrl+Alt+F1 が GUI のログイン画面、基本的にはCtrl+Alt+F2 がログイン後の通常の操作、以前の Ctrl+Alt+F7 に対応してそうだが、今ひとつハッキリしない。ログイン前に Ctrl+Alt+??? で切り替えたりしているとずれるようだ。

そして肝心の仮想コンソールだが、Ctrl+Alt+F2F6 の内、現在の操作に使っていないもの。通常だと Ctrl+Alt+F3F6

必ず〜と言えないもどかしい状況。

アプリ単位の問題

vim

外観、テーマによっては Gvim 起動時に警告が表示される

/usr/share/themes/Ambiance/gtk-2.0/apps/mate-panel.rc:30: error: invalid string constant "murrine-scrollbar", expected valid string constant
対処法
  • ターミナルから起動したときだけで、実用上問題がないので無視する
  • Tweaks で「外観」→「テーマ」の設定を変更してやる
Tweaksの起動 Tweaksの起動
テーマの変更
テーマの変更

なお Tweaks は標準ではインストールされていないかも。そんな時は、

$ sudo apt install -y gnome-tweak-tool

Esc を何度か押すと日本語入力不能

vim では Esc を多用するが、何度かノーマルモードに戻っているうちに、日本語入力ができなくなる。とりあえず、私の環境では 3 度連続キー・タイピングで確実になる。

対処法

これは、これまで標準の IM が fcitx→iBus に変更されたため。

Ubuntu 17.10 その101 - Fcitx+Mozcを利用してみる」を参考に fcitx に変更。

この場合、Fcitx の GUI 設定ツールもインストールしておいたほうが良いだろう。

$ sudo apt install -y fcitx-config-gtk

なおこの問題以外にも、iBus だと文字列変換中に実際にどの範囲が変換中なのかわからない。

iBus での変換
iBus を用いた変換中
fcitx での変換
fcitx を用いた変換中

mutt

~/mutt/muttrc 等の設定ファイルチェックが厳しくなったもよう。

私は GG を先頭に移動しているが、このようた連続キー・タイピングにキー・バインドしている時に、mutt 起動時に次の警告が表示される。

Warning in /home/user/.mutt/muttrc, line 1: Binding 'gg' will alias 'g' Before, try: 'bind attach g noop' https://neomutt.org/guide/configuration.html#bind-warnings source: 1 warnings in /home/user/.mutt/muttrc

警告の修正例や書かれた参詳先 URL の内容に従って

bind attach,browser,index g noop bind attach,browser,index gg first-entry

なお bind だけでなく macro も同様で 1 文字キー・タイピングの側を bind に対して無効化する。

bind attach,browser,index g noop macro attach,browser,index gg "hoge"

tilda

先に書いた様に

(tilda:4162): Vte-WARNING **: (/build/vte2.91-C4Ziqn/vte2.91-0.48.4/./src/vtegtk.cc:1736):int vte_terminal_match_add_gregex(VteTerminal*, GRegex*, GRegexMatchFlags): runtime check failed: (g_regex_get_compile_flags(gregex) & G_REGEX_MULTILINE) Segmentation fault (コアダンプ)

といったエラーと共に、起動と同時に落ちてしまう。→対処法

xsel

こちらも先に書いた通り使えない。→対処法

Nautilus

問題というより、使い勝手が低下している。以前はキー・タイピングでディレクトリ/ファイルのインクリメンタル・サーチができたのだが、単純な検索になってしまう。

とりあえずCtrl++L の「場所を入力する」で途中までパス入力すると、他にマッチする候補が無くなると残りが表示されてくるのでそれで対処しているが、下記の通り面倒

  • やはり一々 Ctrl++L が必要
  • 大文字・小文字が区別される
NautilusのCtrl+Lの動作
Nautilus で「Documents」と「Dropbox」がある時 Ctrl++L タイプ後、Shift+D O とタイプした時

一度パス入力モードに成れば、ターミナル使用時の Tab による補完と同じなので、慣れたら使いやすいのかも知れないけど。


ウェブ サイト内
RSS 配信