ステープラーの針を取る その 2

随分前にステープラー、いわゆるホチキスの針を取る道具として、『はりトル Pro』を紹介した。

この道具、便利は便利なんだけれど、欠点として

  1. 閉じた枚数が少ないと
    • 針が閉じた紙ごと曲がる
    • 針穴を広げる
    だけで、肝心の針が紙から取れない
  2. 針を取るには、まず先端部を針と紙の間に潜り込ませる必要が有るが、先端部に厚みがあり簡単には潜り込ませられない

という欠点があることを述べた。

後者 B については代案がないが、前者 A の問題については、結局それ用、つまり枚数が少ない用の道具を素直に使ったほうが良さそうだ。

私は使っているのは、収納ケースが付いている MAX 社製の商品。なお取った針を収納ケースに格納するのは、商品説明に有るように何本もの針を取った後ではなく、一本一本備え付けのスライダーを動かし格納したほうが確実。

加えて後者 B の問題を解決できていない関係で、閉じ枚数が 2 枚ほどと余りに少ないと、紙と針の間に選択を潜り込ませる時点で針穴が広がったり、紙が破れます。


ウェブ サイト内
RSS 配信